業務用エステ脱毛機(高速)を選ぶならルネッサンス|脱毛について

電話する
メニューを開く

epi

脱毛について

エステサロンの脱毛と
医療脱毛(クリニック)の違い

エステサロンの脱毛と医療脱毛(クリニック)の違い

病院、美容外科、美容皮膚科などいわゆる医療機関で行う脱毛を「レーザー脱毛」、エステサロンでの脱毛を「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」という言い方をして区別しています。
ただし脱毛の仕組みは同じで、繰り返し照射することで毛根にダメージを与えて脱毛する 方法です。どちらも回数を重ねていくことでムダ毛を薄くしていきます。


いわゆるエステサロンの脱毛「光脱毛(フラッシュ脱毛)」と医療機関による脱毛「レーザ ー脱毛」の大きな違いは脱毛機器の「出力」の違いといえます。


医療で扱う機器はレーザーの照射威力が強く、医師など資格のある者しか使うことができ ません。一方、エステサロンで使用される機器は出力が低めに抑えられているので資格を もっていない者でもサロンで使うことができます。 出力が弱いのでエステサロンの方が医療脱毛より「安い」料金で受けることができます。
出力が違う=料金が違うのです。


そしてその出力の違いは「痛さ」の違いでもあります。医療機関の照射威力の強い脱毛の 方がエステサロンの照射威力を抑えた脱毛よりも痛いのです。


光脱毛とレーザー脱毛の大きな違いは「照射出力」の違い、「料金の違い」、「痛さの違い」 のほか、照射する光の「波長の違い」によるものです。レーザー脱毛が単一の波長を集め て集中して行うのに対し、光脱毛は複数の波長を一緒に広範囲にわたって照射して行います。

脱毛の種類

脱毛の種類

エステサロンごとに「光脱毛」「フラッシュ脱毛」「IPL 脱毛」「SSC 脱毛」「レーザー脱毛」 などいろいろな名前が出てきます。これは一体何がどう違うのでしょうか? これらどの脱毛でも共通していえることがあります。 それは「光」を使っていることです。 実はこの光の「種類」、「強さ」、「機器」の違いでさまざまな名称がついているのです。ちなみに「光脱毛」と「フラッシュ脱毛」は同じ意味。光を使う脱毛という要は総称みたいなもの。「レーザー脱毛」とは医療機関の脱毛のことでエステサロンの脱毛とは違いをつけています。
さらに「IPL 脱毛」、「SSC 脱毛」というのは脱毛機器の照射する光や使用するジェルに違いがあります。IPL 脱毛はインテンス・パルス・ライトという特殊な光を使用し、施術の際に使用するジェルは各サロンが自由に選んだジェルを使うことができます。SSC脱毛はスムース・スキン・コントロールメソッドといってクリプトンライトという光と、その機器の製造会社指定のジェルを使用しなければならないという特徴があります。

IPL 脱毛
医療機関で使っているレーザー脱毛とほぼ同じメカニズム。ただしレーザーより出力はは るかに弱いもの。 皮膚の下のメラニン色素に反応して、ムダ毛の毛根にダメージを与えて脱毛します。 光の波長が幅広いため、部位によって異なる、細い毛から太い毛までさまざまなムダ毛に 対応することができます。 また、1回の照射範囲が広く、広範囲のムダ毛を短時間で施術することが可能です。
SSC 脱毛
照射する前に塗るのが指定のビーンズジェル。このジェルを光に反応させて抑毛効果を狙 った脱毛方法です。毛根にダメージを与えるのではなく、次に生えてくるムダ毛の成長を 抑制して減毛する方法です。SSC はイタリアで開発された理論に基づいた脱毛方法で、極力痛みを取り除くように設計されています。

脱毛方法

光脱毛(フラッシュ脱毛)

光脱毛とは、脱毛サロン、エステサロンで行っている主流の脱毛方法です。 カメラのフラッシュのような光をあてることで、ムダ毛の黒い部分(メラニン)に反応させて毛乳頭の発育を抑え、毛母細胞を刺激して脱毛を促す方法です。複数の波長を同時に 広範囲にわたって照射します。出力が弱いため、痛みはあまりなく、料金も医療レーザーと比べると安いのですがその分施術回数は多くなります。

レーザー脱毛

ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーといった医療用レーザーを使用した脱毛方法です。単一の光を集中して照射する脱毛方法です。メラニンに反応するレーザーを使うという点では光脱毛と同じですが、熱によって毛母細胞、毛乳頭を破壊する脱毛です。脱毛の効果は高いといえますがその分痛みと料金が高く、出力のパワーで高い熱を発する ためにやけどのようになることもあります。

ニードル脱毛(電気脱毛)

毛穴の一つひとつに特殊な細い針を刺して針に微弱の電気を流し、毛乳頭を破壊する脱毛 方法です。針を刺すので痛みは光より、レーザーより一番痛いといわれます。圧倒的にムダ毛の再生率が低く、「永久脱毛」と呼べるのはこのニードル脱毛といえます。毛穴一つひとつ処理していくため、非常に手間がかかり時間もかかります。しかし、光脱毛やレーザー脱毛でできない部分の脱毛も可能で、色素沈着している部分でも脱毛することができます。永久脱毛や部分的に行う脱毛に適しています。

毛周期について

体毛、髪の毛は一定の寿命で自然に脱落して新しい毛に生え替わっています。このサイクルを毛周期といいます。毛周期は大きく分けて、毛髪が伸びる「成長期」、伸びが止まる「退行期」、抜け落ちる「休止期」の3つの段階に分けることができます。この周期を繰り返して体毛は成長したり脱毛したりして生え替わるのです。脱毛はこの「毛周期」の仕組みを利用して行います。
エステサロンで行う光脱毛(フラッシュ脱毛)は表面に出ている毛、成長期の毛に対してダメージを与えます。次に生えてくる毛はダメージを受けて細くなります。これを繰り返すこと毛は目立たなくなったり、生えなくなったりするのです。

成長期
成長期に入ると残った毛乳頭の上部の毛母細胞が細胞分裂してどんどん増えて上に行き、 角化が進んで毛(毛髪)となります。この細胞分裂を繰り返して成長する時期を成長期といいます。
退行期
細胞分裂を停止して毛包が収縮を起こします。毛根は上へ押し上げられます。毛包は毛周期によってかなり形状が変動します。
休止期
毛包は下から浮き上がり栄養を取り入れることができなくなるので成長が止まります。 毛は簡単に抜け落ちる状態。休止期の後は毛母細胞が分裂し新しい毛の準備が始まります。

毛周期

  • 成長初期
  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

光脱毛

  • 成長期の毛に
  • 光を照射
  • 毛根にダメージを与える
  • 自然に抜け落ちる

毛根の一番下の部分にあるのが毛母細胞や毛乳頭で、光を吸収するメラニン色素(メラノサイト)もこの部分にたくさんあります。このメラニン色素が光に反応してピリッとした痛みを感じることがあります。毛の成長期に、IPLなど光を照射すると、毛母細胞と毛乳頭など毛根を包んでいる毛包全体に熱を与えることができます。この熱によって毛母細胞毛乳頭がタンパク質変性を起こし、ダメージを受けた毛根は脱毛後、1、2週間すると自然と抜け落ちます。退行期の抜けかけの毛や休止期の毛には反応しません。数週間後には新しい毛の細胞が成長し始めますが以前の毛より細い毛となって成長します。